音を楽しむ薬屋さん[営業中]
音ゲー、おくすり、植物、料理
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず医薬ネタでも。

【大衆薬のネット販売解禁へ 厚労省、最高裁判決受け】




えー、ちょっと前にニュースになっていたことです。

これ、どういう事かといいますと。


記事にも書いてあるんですけど、2009年6月施行の改正薬事法で、一般医薬品(処方せんがいらない薬)を分けたんですね。

第1類…効果も高いけどリスクも高い。ドラッグストアで薬剤師と話をして購入。

第2類…効果はそこそこ。リスクもそこそこ。薬剤師と話す必要はなし。

第3類…効果低いけど安全。薬剤師と話す必要はなし。ネット販売が可能。

こんな感じに。

そして省令で「ネットで販売できるのは安全な第3類だけね」と決めたわけです。


それまでネット販売できていたのに急に禁止するなんて理不尽だ!というのが今回の裁判です(のはず)。

そして、販売業者さんの勝訴に終わりました。


これによって、今までわざわざドラッグストアで薬剤師に話を聞かなきゃ買えなかった薬がネットで気軽に買えるようになりました!

ネット販売の例。


↑ケンコーコムSGさん。ロキソニンS。って欠品しとるw

このロキソニンSは、第1類医薬品でして、薬剤師と話さなきゃ買えなかった薬の例ですね。

こんなかんじで、薬を楽に買えるし、病院で保険を使うこともないので医療費の削減につながるかもですね!


ただ欠点といいますか、心配事として、やっぱり「適正に使われるか」というところですよね。

ちょっと前も、医薬品を大量購入して麻薬の原料にしていたってニュースもありますし、

店で人と顔をあわせて買わなくなったことで、正しい使い方をせずに副作用…なんてことにもなりそうです。

実際、店で買った薬ってなかなか添付文書見ないですもんねw

あとは軽い体調不良だと思ったら実は重大な病気でした!なんてことも極稀にあります。ほんと稀に。


んじゃーどうすりゃいいの!?ってことですが。


・必ず添付文書を読みましょう!

→全部読まなくていいので、「こういう人は飲んじゃダメ!」と「用法用量」は目を通しておきたいですね。


・飲んで改善しなかったら病院に行きましょう!

→これも添付文書に書いてあるんですが、ドラッグストアで買える薬は長い間飲まないように!なんて注意書きもあるものもあります。

飲んで治らない場合、他に原因があったり、病院でもらえる薬などでしっかり治療する必要があるんですね。

解熱剤を毎日飲んでるのに熱が下がらないとか、胃腸薬を毎日飲んでるのにムカムカが取れない、なんていうのはまず病院の診察を受けることをオススメいたします!


・分からなかったら詳しい人に聞きましょう!

→近くのドラッグストアの店員さんでもいいと思います(押し付け)

いや、ドラッグストアの薬剤師って、店員さんと同じ扱い受けてますが、

一般医薬品の知識は調剤薬局の薬剤師より持ってるんじゃないかと思います。

それにそんな無愛想な態度をとるような人はたぶんいない??と思うので、気軽に聞いてみてくださいね。
スポンサーサイト
お薬とアレルギーの話。
こんばんは。少し前に風邪引いてましたみっくです。

ぬおおおお…急に寒くなったりするもんだからやられたアアアァァァ。

最初(木曜日)は喉の痛みだけだったんだけど、金曜日は明らかに熱あった。いや体温測ってないけど熱ある雰囲気がした。

この時期気温が変わりやすいのでみなさんお気をつけ下さいませ。。


んで家にあるパブロンゴールドA微粒を飲んだわけですが。


↑コレね。

テキトーなドラッグストアには売ってるやつですね。

こう、病院で貰わずに簡単に手に入る薬だと安全って印象が強いんじゃないでしょうか!

ところが、そんなこともなくて副作用起きたりするんですよー。

例えば今回のパブロンですが、成分に「塩化リゾチーム」なるものが含まれてます。

これは炎症(喉の痛みとか)を抑えたり鼻水や痰の切れを良くする割りと便利な効能なんですが。

この塩化リゾチームが卵由来の成分なんですね。

だから卵アレルギーの人は飲んではいけないんです。


↑裏面の注意書き。あれ、期限切れそうやんw

薬にもしっかり「鶏卵や本剤でアレルギー反応出た人は飲んではいけません」みたいなことが書いてあります。みっくさん手書きで強調w

ですので、病院でもらったものじゃないし弱いし安全ってわけでもないので気をつけてくださいね!

成分わからなくても中に入ってる説明書に「こういう人は飲んじゃダメよ」っていうのが書いてあるんでチェックしてみてくださいねー。

入ってる説明書、おれもたいてい読まないけどw

他にも「痛み止め飲んだらじんましん出たり喘息になった」っていう人も飲んじゃいけない薬があったりします。

困ったら店にいる薬剤師さんや登録販売員さんに聞いてみるのが一番いいですね!
医薬ネタ[08]
どうもこんにちは。今からゲーセン仲間と遊ぶ予定のみっくです。

音ゲーはもはや自分の中では友だちと楽しむためのツールになってますなw

ちょっと、おっちゃんには高密度譜面とか無理ですw


さて、今日の医薬ネタ。

ドラッグストアで、処方箋なしでも購入できる一般用医薬品(OTCと呼ばれます)についてでも書きましょうか。


薬、というと大きく二種類に分かれてまして。

病院に行き、医師の診察を受けた後に処方せんをもらい、そこに書いてある薬を入手できるという医療用医薬品(処方せん医薬品とも言われます)と、

処方せんがなくてもドラッグストアなんかで購入できる薬を一般用医薬品と言います。

一般的にはもちろん医療用医薬品のほうが効果が高く、種類も豊富です。

でも、病院に行くまではなくても、薬がほしい…という時には、一般用医薬品のほうが手軽なんで、そっちを使いますよね。


一般用医薬品といえば、風邪薬、解熱鎮痛薬、胃腸薬、塗り薬なんかがメインだと思います。

でも実は、一口に「風邪薬」といっても、全部同じように見えますよねw

実際は微妙に成分が違っていて、効果も違ったりするんですよ。

以下、明日から使える医薬品選択!(笑)


たとえば、風邪薬ほしいけど、仕事あるし眠くなるのは嫌だ!という方は、

マレイン酸カルビノキサミン、マレイン酸クロルフェニラミン、アリルイソプロピルアセチル尿素(なんちゃら尿素)といったものが眠気を引き起こすためそれが入っていないものに絞ったり(でも鼻炎の薬は基本的に眠くなるかも)、

無水カフェインが入っているものを絞れば良いのです。

痛み止めも複数種類ありますが、生理痛がひどい人にはイブプロフェンが効果があると言われています。(子宮に移行しやすい)

また、解熱鎮痛薬を飲むと胃腸が痛くなりやすい人にはアセトアミノフェンを含んでいるものが良かったり。


まぁ、こんな感じで実は一般用医薬品も奥が深いんです!

風邪薬だとほとんど第2類医薬品なんで誰にも質問せずに、「CMでやってるし」「家に同じものがあったし」…という感じで選びがちですが、

自分の症状にあったものを選ぶとより治りやすかったりしますねー。個人差あるだろうけど。

選ぶときには薬剤師さんとか登録販売員さんに聴くのがおすすめです。金かからないしね。

特に、病院で薬をもらっている人は飲み合わせなんかを考えないと副作用が出ることもあるし、

卵アレルギーの人は薬の成分によっては副作用が出ることもあるので、

そういった方は薬剤師さんに聴くのをお勧めします。


お、少しは為になる内容じゃね?w
医薬ネタ[07]
こんにちは。大阪に向かう途中のみっくです。高速バス!

卒業した同期の友達に会いに行くわけです。

今日はがっつり飲むぜいいい!


さて、医薬ネタ。

今回はタイムリーな話ではなく、ややネタ的な話をば。

実は、薬の中には貴金属を使っているものがあるんですよね。

今回は、そんなレアメタルフェチ(?)必見な内容でお送りします。


1)金

金が含まれる有効成分…金チオリンゴ酸ナトリウム、オーラノフィン

言わずもがな、あると嬉しい金属ですね。

これが何に使われているかというと、なんとリウマチの治療薬になってるんです。

リウマチといえば、40、50過ぎくらいから特に女性に増えてくる原因不明の関節の痛みですね。

具体的に金がどう働くかは不明ですが、効果があるとされています。

現在ではもっと効果の高い、メトトレキサート(細胞がDNA作るのを止める)などが主に用いられていますがー。


2)白金

白金を含む有効成分…シスプラチン、カルボプラチンなど


白金、プラチナですね。

これは抗がん剤として使われています。

有効成分が、がんの増殖を止めるんですねー。

現在でも、がんの治療の主力としてよく使われていますよ。

カルボプラチンなんかは効果の時間が長いため、入院なしでがん治療を行うことができます。


こうして見ると、わりと治りにくい病気に使ってますね。

あとは貴金属ではないですが、アルミニウムやランタンもありますね。ん?ランタンは貴金属??

ちなみに、残念ながらプラチナと金はありますが、ダイヤモンドはありません(笑)
医薬ネタ[06]
ちょっと気になった記事を見つけたので、取り上げてみる。

ちなみに、おれと同じ音ゲー情報サイト見てる人は目にしたことある記事かもですw



■放射性物質を体外に排出する薬剤、7月承認へ■

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41709


放射線汚染の被害を解決するような、夢のような薬が7月に承認されるみたいです。

体内にある、プルトニウム等の物質を吸着して尿と一緒に排出するみたいですね。


>>続きを読む
copyright © 2017 音を楽しむ薬屋さん[営業中] all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。